スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業sき

どうも
久しぶりの更新で
ございまする。

この更新してないあいだに
大学入試と卒業式
2つの大イベントがあったとです。

大学入試兼東京旅行に関しては
3日分以上あるので
次の記事から書くとして

今回は昨日行われた
卒業式について。

高校生活最後の日
「卒業式」。
とはいっても
全然そんな気がいたしません。
この一ヶ月
まともに授業とか受けてないから?
そんな感じで
普通に式に臨みました。

でもいつもの式と違うのは
今回
私が答辞を読むことになった
ということですかね。

答辞を読むことに決まったのは
約3週間ぐらい前。
答辞は
まず先生がクラスで1人
誰かを選んで、
その合計8人(うちの学校は8クラス)の中から
今度は職員で誰がいいか選ぶ。
という感じで決まる(らしい)。

それで最初担任が二者面談の時に
「クラスで君を選ぼうと思うんだが」
と言われ、
でも大体こういうことは
前生徒会長とか
もっと成績残してる人がやるだろうし
どうせならないだろうなぁという考えで
軽く「いいですよ~」って答えたら
数日後自分に決まっちゃったという。
びっくりドンキー。
なんで僕のようなブサイクで
とくに活躍もしなかった俺を
選んだのだろうか。

そんなわけで
国語の先生と一緒に
文章作り。

参考にということで
去年の卒業式の答辞を渡されたんだが、
「桜舞う幻想的な景色の中」
とかロォゥマンティックな感じで
いやいやそんなん書けねぇべ
と思いつつ、
普通に思い出とか
書けるところを書いていって
先生にヘルプを求めた。
そしたら
「去年のセリフいくつかパクればいいのよ」
っておいおい。
それでいいのか(いいんだろうけど
で、去年の言い回しをパクったのですが
先生がところどころに
さっきのようなファンタスティックな言葉を
即興で入れたりして
「え、意外と先生って、ロマンチィスト!?」
とか思いつつ
なんとか書き上げました。
それを先生が
生徒指導やら教頭先生などに見せて、
訂正を入れて
原稿が完成。
創立○0周年を入れろとか
ちゃっかりしとるなぁ。
それが卒業式1週間前

あと1週間あれば
かなり練習できるだろう
ところがどっこい
受験勉強の仕上げや最終準備、受験で
全然行けなかった。
最後の準備が終わった後行こうと思ってたが
すっかり忘れてた。

で、東京旅行最終日
羽田行きのモノレール乗ってる最中に
親から
「先生から電話があった」とのメールが。
で、翌日
(卒業式前日)
先生のところに行ったら
「来ると思ってた」
と言われた。
この答辞の件では何度もあったのですが
いつも約束も連絡もしてなかったのに
担任の先生に
「昨日ずっと待ってたのに来なかったって言ってたぞ」
と何度も言われ、
「俺、先生の予定とか知らねぇよ!」って
心の中で思ってた。
その日に練習をしたいと思うなら
数日前から、最低でもその日に
「いつ、何時からどこで練習したいんだけど空いてる?」
みたいなことを言って欲しい。
校内放送もあるんだし。
俺は他人の考えがわかるエスパーじゃねぇ。
あとから「来ると思ってた」とか言われても
知らないっすよ。

前日は1回その先生の前で読んで、
「とりあえず明日朝もう一回読もうか」
って言われて終わり。
旅行中に何回か練習してたから
あまり噛むことはなかったけど
「練習ってこれだけでいいのか」
と思った。
卒業式当日
朝来て先生の前でもう1度読んで、
終わり。
最後に
「放送部だったから
一般人よりははるかに上手いから
自信持って行け」
と言われました。
うん、
やっぱそこまで先生と練習
必要じゃなかったんだな・・・。
とりあえず練習というより
ちゃんと読めるかの
確認ということなんだろう。

で、卒業式。
前回部活動紹介の時は
手足ガクブルで
かなり失敗してたのですが
今回はなんとか大丈夫そう。
手足もちゃんと正常だ。
そう思いつつ
式は進んでいく。

そして式辞が読み上げられ
自分の番が迫ってくる
と、そのとき
「ジリリリリリ・・・」
静かな体育館に響き渡る
非常ベルの音。
ざわめく人々。
1人の職員が確認するために
ドアを軽く開け、出て行く。
それとほぼ同時に震えだす手足。
以前感じたことのある感覚。
「・・・これか-!」
その時俺は悟った。
震えの原因は寒さなのだと。
自分の位置はもろ風が直に当たる位置だった。
先生はドアを閉めずに去ったため、
すきま風の冷たさを感じる。
手足の震えが止まらない。
どうしよう。
そう思ったころに
出た先生が戻ってきて
ドアを閉めた。
どうやら非常ベルは
湿気が多かったための誤作動だったようだ。

だが、手足の震えは止まらない。
幸いにもまだ少し順番があったので
そのあいだに
手足を擦って温め、
少しはマシになったころ
自分の出番がやってきた。

言われた通り、来賓、先生に礼をして
壇上へ。
生徒の視線、
そしてかすかに聞こえる話し声。
「なんでこいつが」
うん、俺も同意見だ。
さっきの震えがわずかに残しながら、
何度か足を安定させつつ、
読み上げた。
2回噛んだ。

そして終わったあとの開放感は
なんとも言えねぇっす。
あとはリラックスして式に臨みました。


卒業式は無事終わり、
各クラスで卒業証書が配られ
先生のありがたーい
最後のお話を聞いて、
写真撮影の後
終わりました。
高校生活の全てが。

早かったです
この3年間。
こんなに楽しかった学校生活は
初めてでした。
卒業式は終わりましたが
私のクラスはほとんどネットにいるので
あんま寂しくありません。

学校が終わったあとは
何人かで遊びました。
また、機会があれば
高校メンバーで
あそびたいっすね。

では今日はここらで
みなさんお休みなさいです。

そろそろ私も
バイト始めるかもなのですよー♪

続きでコメント返。


>>株式の資金 さん

返信遅れてすみません
そう言っていただけると嬉しいです
是非またきてください


>>美子 さん

はじめまして

頼んでもいないのに私をフルーツに
例えてくださってありがとうございます。
私は干し柿ですかぁ
まだ高校卒業したばかりの
若者なんですけどねぇ。

干し柿について熱く語っているところすみませんが
私は「キング・オブ・ホシガキ」なんて異名ありませんし
私柿自体トラウマがあって嫌いですし、
干し柿持ってないというか。

干し柿風呂ですか、ゆずとかは聞いたことありますが
良いんですか?効能とか気になります。
ちなみに私は冷凍するならみかん派です。

先程も書きましたが
干し柿を作っていませんし、持ってもいません
期待に添えずすみません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

すばらしい答辞だったよ・・・!
まさかあそこであんなツッコミを入れてくるなんてさすがこあ君だぜ!!
その持ち味を活かして人気声優として頑張ってくれ!!

答辞お疲れさまでした。感動した!

3年間あっという間で実感湧かないけどもうみんなバラバラなんだよねぇ。まぁツイッターなりFacebookなりいるからそこまで寂しくはないんだけどw

また時間があったらどこかでメシでも食おう

今後もよろしく!
カウンター
最新記事
月別アーカイブ
ニコニコマイリスト
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
63866位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
高校生
1210位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
ブロとも一覧

猫様はまったりと。。

...

*

ミツの頭がドンドン禿げ上がる
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アラド戦記
マジックアカデミー
プロフィール

古波こあ

Author:古波こあ
たいりょく:18
まほう  :77
ぞくせい :
こうげき力:55
ぼうぎょ力:32
すばやさ :45
かしこさ :43
うん   :40
オタ   :70
そうび  :ホモ本
補足:何も反応がない ただの死体のようだ。

応援バナー
うたの☆プリンスさまっ♪All Star 2013年3月7日(木)発売 うたの☆プリンスさまっ♪Debut 愛島セシル(CV.鳥海浩輔) 『大図書館の羊飼い』は2013年1月25日発売予定です。
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。